Spark ARとは?

InstaramのARフィルターをSpark ARと呼びます。
Facebookが提供するSpark AR Studioを使用すると、Instagramストーリーで使用できるARフィルター提供することができます。
最近ドップリとARにはまっており、XRの扉をたたく意味でSpark ARに挑戦してみました。

公式チュートリアルに従って実装していきます。
この記事では以下の3Dモデルを表示し、アニメーション、サウンド再生を行います。本体と、丸い部分で別々の動きをさせたいと思います。
69528694_1079588018903892_8484091505311481856_n.gif

Spark AR Studioはインストール済として話を進めていきます。

準備を整える

まず、sample contentをダウンロードしAR Studioで開きます。
image.png
こんなポップアップが出てきますが、無視してopenで大丈夫です。
下のような画面が出てきたらオッケーです!
image.png
AssetsPanelを理解しましょう。ここには以下の2つのフォルダーが入っており、簡単に見てみると

  • BoomBox_animated ⇒3Dモデルの情報が入っています
  • Audio ⇒サウンド関係の情報が入ってます

image.png

次に準備として、まずsceneを設定します。以下の操作で設定できます。

  1. Scene Panel 下部のAdd Object をクリック
  2. Plane Tracker を選択
  3. Insert をクリック

するとこのようになっているはずです。
image.png

次にNull Objectを追加します。これはオブジェクトをグループ化するための空のグループで、以下の操作を行ってください。
1. PlaneTracker0を右クリック
2. Add>Null Objectをクリック
3. NUll Object0をPlacerと改名
4. Placerboombox_animatedをドラッグ&ドロップする

すると、Placerの下にBoomBox_animatedが追加され、Viewportにラジカセの3Dモデルが表示されるようになると思います。現在はアニメーションがついてないけど、コードを追加することで動かすことが出来ます。
image.png

後で使いやすいようにPlacerの位置を少し修正しておきます
1. boombox_animatedを選択
2. Inspector Panel(画面右側)のz-axis Positionを0.3にしておいてください

サウンドを追加する

サウンドも3ステップで簡単に追加することが出来ます!

  • Add AssetsからAudio Playback Controllerを追加
  • audioPlaybackController0を選択し、Inspectorbobbmboc_loop.mp4aを選択
  • Placerを右クリックして、Add>SpeakerSpeaker0を追加

以下のような画面になっており、サウンドが流れていたらOKです
image.png

コードを書く

ここまで長くなってしまいましたが、ここからコードを書いて3Dモデルを動かしていきたいと思います。
まず、Add Asset>ScriptScript.jsを作ります。
script.jsを開くとデフォルトコードが書いてあるので、消しときます。

ラジカセの本体(boombox base)を動かす

  • Scene内のboombox baseのオブジェクトを読みこむ
script.js
const Scene = require('Scene');

require()はscript.jsでモジュール探す働きをしています。
定義した変数SceneScene Moduleが利用できます。

  • Baseオブジェクトにアクセスする image.png boobbox_animatedを開いてみたらわかるように、この3Dモデルは、base,speaker_left,_rightで構成されている。baseは全体で、left(right)は丸い部分のオブジェクト。以下のコードを追加すると、Scene内のbase.jntを認識するようになります
script.js
 Scene.root.findFirst('base_jnt')
          .then(function(base) {});

ここまででbaseのオブジェクトは読み込めたと思います。じゃあ次はアニメーションを読み込んできます。アニメーションもSceneと同じ方法で読み込むことが出来ます。

script.js
const Animation = require('Animation');

オブジェクトとアニメーションが読み込めたところで、次はbaseのアニメーションを作成していきます。

アニメ―ションを作成する

おおまかな流れは以下の3ステップです。簡単です。
1. driver作成
2. sampler作成
3. driverとsamplerをがっちゃんこする

driverを作る

driverはTime driverValue driverの2種類あり、今回はTime driverを使っていきます。
baseDriverParametersでdriverのパラメータを設定した後、baseDriver.startで開始の合図をしてあげます。今コードはこんな感じになっていると思います。

script.js
 const Animation = require('Animation');
 const Scene = require('Scene');
 Scene.root.findFirst('base_jnt')
  .then(function(base) {
    const baseDriverParameters = {
        durationMilliseconds: 400,
        loopCount: Infinity,
        mirror: true
    };

    const baseDriver = Animation.timeDriver(baseDriverParameters);
    baseDriver.start();
 });

samplerを作る

以下のコードを追加します。samplerの0.9-1はオブジェクトの拡大縮小の割合を指しているよ。

script.js
const baseSampler = Animation.samplers.easeInQuint(0.9,1);

driverとsamplerをつなげる

ここまでで作成したdriverとsamplerをつなげて、アニメーションを作ります。

script.js
const baseAnimation = Animation.animate(baseDriver,baseSampler);

コードはこんな感じ

script.js
 const Animation = require('Animation');
 const Scene = require('Scene');
 Scene.root.findFirst('base_jnt')
  .then(function(base) {
    const baseDriverParameters = {
        durationMilliseconds: 400,
        loopCount: Infinity,
        mirror: true
    };

    const baseDriver = Animation.timeDriver(baseDriverParameters);
    baseDriver.start();
    const baseSampler = Animation.samplers.easeInQuint(0.9,1);
    const baseAnimation = Animation.animate(baseDriver,baseSampler);
 });

まだ動きません。baseにアニメーションを適用しなければいけません。ここまでは、base全体のスケールの変化の仕方を定義してきました。(アニメーションを作ってきました、)最後にbaseがアニメーション通りに大きさを変えるように命令します。
のこようにしてx,y,zと関連付けることで初めてアニメーションを適用することができます!
ここまで書くと、実際にラジカセの大きさが変化してることがわかると思います。
script.js
const baseTransform = base.transform;
baseTransform.scaleX = baseAnimation;
baseTransform.scaleY = baseAnimation;
baseTransform.scaleZ = baseAnimation;

今回はオブジェクトのアニメーションの方法を学びました!存外簡単でした