ある著者の本を訳して、それが非常に充実した仕事になれば、またその著者の本を訳してみたいとどんな翻訳者も思うだろう。

 自分にとっては『ザ・ギャンブラー ハリウッドとラスベガスを作った伝説の大富豪』の著者ウィリアム・C・レンペルがそうだ。

「日本語版オリジナル本」を作ろうと、いろんな形で指示を出してくれたし、はじめてインタビューできてYouTubeに載せることができたのもいい思いだ。

 https://blog.goo.ne.jp/getupenglish/e/636ac6273d04d7c116f09062ff9de1cb

 このインタビューもようやく音声の聞き取りがすみつつあり、近々公開の予定。

 本日のGetUpEnglishはそのやり取りのひとつを紹介する。

UESUGI: You are an established journalist and nonfiction writer who has published great books like this Gambler as well as At the Devil's Table: The Untold Story of the Insider Who Brought Down the Cali Cartel.  You’re one of the most prolific authors in the States.  Just like Kirk Kerkorian, I believe you are very energetic and have a lot of ideas.  Could you let us know about your current project?

REMPEL: I do have a lot of ideas, but that’s all they are right now. I have lots of projects underway, but none of them far enough that I can talk about them yet. I look forward to sharing them with you later.

 「計画はいっぱいあるが、まだ話すことができない」というところにプロフェッショナルとしての仕事ぶりを感じるし、I look forward to sharing them with you later.というコメントには思わず胸が熱くなった。

 英語はどれだけ下手でもいいから、話すことで書くことで著者の信頼を得られると改めて思った。