テレワークに最適なVDI環境とは

ビジネス継続の為のテレワークソリューションとして、VDIやアプリケーション仮想化がこれまで以上に注目を浴びています。市場には多くのVDIソリューションが氾濫していますが、失敗ないVDIテレワーク環境の導入において、以下の要素を掘り下げて検討することが重要です。

  • セキュリティ
  • コスト
  • 柔軟性
  • 耐障害性

テレワークVDIソリューションの検討で、とりわけ重要なのはセキュティです。中でも認証セキュリティは非常に大切なポイントになります。このシリーズでは認証セキュリティにて、解説してゆきます。

Citrix Workplaceにワンタイムパスワード(OTP)機能がビルドインされています。しかも無償です。

これまでアプライアンス版のCitrix Gatwayに実装されていたワンタイムパスワード機能が、Citrix Cloudにも実装されました。このシンプルOTP機能を使えばワンタイムパスワードを使って仮想デスクトップやアプリケーションだけでなく。Workspaceが提供するWeb、SaaSアプリケーン、ファイル共有サービスなどあらゆるサービスにセキュアにアクセスすることができます。

百聞は一見にしかず

まずはユーザーがワンタイムパスワードを使ってアクセスする様子をご覧ください。

モバイル用の認証トークン利用時

PC用のトークンジェネレーターの利用例

思わず微笑むほどシンプルな設定

ワンタイムパスワード機能(以下OTP機能)を有効にするには、Citrix Cloudの管理コンソール上で2つの設定スイッチをONにするだけです。

IDおよびアクセス管理からActive Directory+トークンで接続をスイッチをオンにします。
ユーザーの認証方法が変わる旨の警告と確認のメッセージが表示されます。
たったこれだけで設定は完了です。

サポートされている認証トークンデバイス

認証トークンデバイスはトークンジェネレーターとも呼ばれています。。RFC6238 TOTP generator互換であれば基本的に何でも利用可能です。それらのほとんどは無償で提供されています。以下にはCitrixで検証済みの製品です。

  • Citrix SSO
  • Google Authenticator
  • Microsoft Authenticator
  • Symantec VIP

RFC6238 TOTP generatorにについてはこちらをご覧ください。…